自宅で楽器演奏を楽しむ|音漏れが気になったら防音加工を施工!室内工事ナビ

音漏れが気になったら防音加工を施工!室内工事ナビ

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅で楽器演奏を楽しむ

つみき

手軽な音もれ対策

最近は音楽をただ聴くだけでなく、自ら楽器を演奏して楽しむ人が増えています。中には実益を兼ねて自宅で音楽教室を開く人もいるほどです。このような場合に課題となるのが、近隣への音もれ対策です。集合住宅はもちろんのこと、戸建て住宅でもきちんと対策を講じないと、周囲に騒音被害をもたらしてしまうおそれがあります。そこで人気を呼んでいるのが、防音室です。防音室とは、一般の居室の中に設置する密閉式の防音スペースです。イメージとしては、屋内に設置する小さなプレハブのようなものです。部屋そのものに工事を施して防音仕様にするよりも、低コストで設置できるとして人気を呼んでいます。新品・中古・レンタル品などさまざまな製品が出回っています。

工期は最短で1日

防音室は壁・床・天井がそれぞれパネル材になっており、それらを組み立てるだけで完成します。工事期間は短く、早ければ当日中に使用することもできます。大きさは立ったまま管楽器を演奏できる程度の小さなものから、ピアノを置ける大きなものまで多種多様です。電気の配線が可能なタイプもあります。防音室は工事費用が安いだけでなく、壁や床を改変しないで設置ができるという特徴があります。そのため、賃貸住宅でも利用できるのが大きなメリットとなっています。もっとも木造アパートなどの場合は床が荷重に耐えられるかどうか注意する必要があります。音が外へもれないだけでなく、外からの音の侵入も防げることから、防音室は楽器演奏以外に書斎・勉強部屋としての利用にも適しています。