音漏れが気になったら防音加工を施工!室内工事ナビ

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅で楽器演奏を楽しむ

つみき

防音室は、室内に設置可能なユニット式の防音スペースです。床に置くだけなので工事が簡単で、釘を打ったり壁材を剥がしたりする必要はありません。自宅で楽器演奏を行う際に利用できるほか、読書室としても使えます。

もっと見る

音をコントロールする

インテリア

壁一枚で隣の家庭と繋がるようなマンションでは、近隣トラブルのため防音工事を行うことが必須とも言えます。壁だけでなく天井や床まで、空間を包むようにすることで、外部に漏れる音を小さくします。また、防音だけでなく音を吸収することで、本来あるべき音を聞き取れるようになるので、調音としても有効な手段です。

もっと見る

楽器の音漏れ対策とは

部屋

主な3種類の方法を知ろう

楽器を自宅で演奏する場合、近所へ音が漏れないよう部屋や家屋に防音対策を施す必要がありますが、自分で防音の取り組みをするのは手間が掛かるため、業者を使うことが多いです。業者を利用する防犯対策には主に3つの方法があり、これから楽器の購入を考えている方はそれぞれの方法の知識を持っておくことが大切です。最初の方法にはカーテンを利用したものが挙げられ、特殊な防音カーテンを音漏れが起こりやすい窓につけることで対策を行います。防音カーテンは音量調整が可能な電子ピアノなど、比較的小さいボリュームで演奏を行う場合に安価で利用しやすいものです。次の方法には防音室の設置が挙げられ、防音加工を施した小型の部屋を家屋の中に設置してその中で演奏を行います。防音効果が非常に高いため、バイオリンなど小さい楽器でも大きな音が出ることがある楽器を演奏するさいに向いています。最後の方法には、家屋の壁そのものに防音加工を施すことが挙げられ、大規模な工事を伴うため費用が高くなりますが、3つの方法で最も効果が大きいです。以上のような3種類の防音対策を理解し、予算や家屋の環境と合わせて適切な方法を選択しましょう。

賃貸の注意点とは

楽器を演奏する方が音漏れが起こらないように何らかの対処を業者に依頼する際、住んでいる物件が賃貸の場合は注意が必要です。賃貸物件によってはそもそも楽器の演奏が禁止されていることがあり、その場合はたとえ遮音性の高い音漏れ対策ができるとしても、トラブルを避けるために演奏は避けましょう。しかし、どうしても楽器を利用したいという場合は、物件のオーナーに防音対策と楽器の演奏について相談してみることも重要です。相談内容次第ではしっかりと対策したうえでの演奏なら可能なこともありますが、正式に認められた場合はさらに近隣からの了解も得ておくことにも注意しましょう。以上のように、賃貸の音漏れ対策にはオーナーの承諾と近隣住民からの理解が必要なこともあるということに注意しましょう。

迷惑をかける前に対策を

メンズ

部屋でドラムをしっかりと練習したい場合は、防音室を取り扱っている業者に工事を頼んでみましょう。賃貸物件の場合は部屋の改造はおこなえませんので、大家に相談してから防音ブースの設置工事の許可をもらうことをお勧めします。

もっと見る